本文へスキップ

自然派の手作り石けん&布ライナー


090-8544-2822(平日10時〜15時)

お問い合わせフォーム

布ナプキンについてcloth napkin

布ナプキンの洗い方


布ナプキンを”洗う”ことに抵抗のある方がたくさんいらっしゃいます。
知れば、な〜んだ!と思うくらい簡単なんです。
浸け置き洗いでお洗濯も楽々♪

■おりもの・尿汚れ


アルカリ剤(炭酸塩やセスキ炭酸ソーダ)は不要です。

尿汚れは、できるだけすぐにすすいでください。

軽く予洗いすると汚れが落ちやすくなります。
その後、ネットに入れて洗濯機で洗うか、石けん等で手洗い後、天日干ししてください。

普段のお洗濯と変わりなく洗っていただけますので楽チンですよ〜


■経血、痔の汚れ


〔1〕 フタつきバケツに水とアルカリ剤を入れます。
(水1.5L〜2Lに対してアルカリ剤は小さじ2〜大さじ1くらい)




〔2〕 アルカリ剤をよく溶かします。(泡立て器で溶かすと早く溶けます)




〔3〕 使用済の布ナプキンを半日〜1日浸けます。(軽く予洗いすると汚れが落ちやすくなります)




その後、軽く2〜3回すすぎ、ネットに入れて洗濯機で洗うか、石けん等で手洗い後、天日干ししてください。

しつこい汚れには、少し濃いめのアルカリ水に1日以上つけ置きするか、石けんを直接こすりつけてしばらく置いてから洗うとすっきり落ちます。

こんなときは、廃油石けんが大活躍!!汚れ落ち抜群です!

アルカリ剤を市販でお求めの場合は、セスキ炭酸ソーダの「アルカリウォッシュ」が一番流通していると思います。
ネットでは炭酸塩(炭酸ナトリウム)も購入できるので、お好きなほうをお選びくださいね。

セスキと炭酸塩の違いは、アルカリ度です。

重曹<セスキ<炭酸塩

アルカリ度の高いほうが汚れ落ちが断然良いです。
どのアルカリ剤も、自然に帰るので環境にやさしいです。

重曹は、アルカリ度が低いのであまりおすすめしません。

時々、漂白剤(酸素系)で除菌されると、いつでも清潔にお使いいただけます。


【お願い】
アルカリ剤を使用する場合は、必ずゴム手袋等をして、素手で触らないようにしてください。
(アルカリ度が高いので手が荒れる可能性があります)
防水布を使用している布ナプキンの場合、高温のアイロンや、タンブラー乾燥は、生地を痛め防水機能が弱くなる可能性がありますのでできるだけお控えください。



画像クリックでamazonで購入できます  
アルカリウォッシュ
(セスキ炭酸ソーダ)

汚れの少ない衣類洗いや、
レンジ回りなどキッチン掃除にも
炭酸塩
(炭酸ナトリウム)

汚れの少ない衣類洗いや、
レンジ回りなどキッチン掃除にも
酸素系漂白剤
大抵のものに使えます
除菌・漂白はおまかせ!
洗濯層のカビ取り掃除にも


血液媒介性感染症には、くれぐれもご注意ください。

血液媒介性感染症で代表的なものは、B型肝炎C型肝炎エイズ梅毒です。
主に血液を媒介して感染します。
その中で、肝炎感染者は300万人以上にも及びます。
自覚症状がほとんどないため、感染していても気がつかないことが多いので注意が必要です。

家庭での主な感染経路は、

・歯ブラシ、タオル、カミソリなどの共用。
・外傷、鼻血などの血液や分泌液に触れる。
・乳幼児に、口移しで食べ物を与える。
・トイレの後、手洗いを怠る。

などです。

【重要!】
布ナプキンの共用は絶対に止め、布ナプキンの浸け置きは必ず自分専用のバケツを使い、自分で洗いましょう。
疑いのある場合は、他の洗濯物のとは別に洗い、必ず塩素系の漂白剤で1時間以上浸け置きしてから洗ってください。(これでウィルスは消滅します)
「ukiuki石けんライフ」参照

楽しく快適な布ナプキンライフを送るために、必ず守りましょう♪


布ナプキンについて